お気に入りのウィッグメーカーとの長い付き合いとは

個人を識別する上で一番重要な身体的パーツは、やはり頭部です。顔もさることながら、耳や髪の毛といった部分も個人ごとに微妙に異なりがあります。人間は何歳になっても個人としてのアイデンティティに誇りを持って生きて生きたいと考えるのです。だから、髪の毛が薄くなって個人を識別できる特徴である髪の毛で自分らしさをアピールできなくなる事は、かなり寂しさをおぼえることになります。そのため、高齢層の男女においてウィッグの装着率が高くなっているのです。一度自分にお似合いなものを見つけるとそれはお気に入りのものとなります。そのため、そのお気に入りを長年にわたって使い続けるので、修理や補修を頼む必要があるから、ウィッグとの付き合いは長いものになりがちです。メンテナンスをアフターケアとして請け負うメーカーが多いのは、長い付き合いをしてメンテナンスなどのサービスをリーズナブルに提供すれば、新品ウィッグを営業しやすくなるという見込みが立つためとされます。

ウィッグ装着の際の選択肢を挙げると

身体の表面的な変化については、ある日突然に起こる事というのが今までに分かっている事です。つまり、髪の毛でいえばどの部分が薄くなってくるかは、そのときになってみなければ分からないとされます。ですから、いざウィッグを装着しようとする時には、人それぞれにどのような形状のウィッグを装着するかいくつかの選択肢があるのです。一つは、薄くなった部分だけを補強する部分的な形状のもので、もう一つは、頭全体を包んで全体的な髪の毛のボリュームを出す全体的な形状のものとなります。ウィッグの形状が複数あるのには理由があります。常に全体的な形状のものでなくてはならないとすると、もともとの自毛を活かす事ができないからです。もともとの自網の効果を活かすなら、部分的な形状のものを装着する事が有利となります。選択肢が複数あることで、どちらか自分に適したものをえらぶことができます。

初めてウィッグを使ってみました

2年前の12月、久しぶりに友人たちとクリスマスパーティーに出席しました。地元の有名ホテルで行われたクリスマスパーティーだったのですが、華やかな場所に行くのが久しぶりということもあって、数ヶ月前からワクワクしていたんです。当日何を着ていこうか、メイクやヘアスタイルはどうしようかなど考えるだけで、気持ちが盛り上がったことを覚えています。いろいろ迷った結果、女性らしい華やかなワンピースを着ていくことにしました。ワンピースに合わせたメイクを研究していたら、ヘアスタイルにもこだわりたくなったんです。当時の私はミディアムヘアだったため、女性らしいワンピースに合わせるために、ロングのウィッグを使うことに決めました。オンラインショップでさまざまなタイプをチェックして、ゆるめの巻きが素敵なウィッグを購入しました。ウィッグを試着して、ワンピースを着ると、自分がイメージしていたとおりのファッションが完成して感激しました。おかげで自分に自信を持ってパーティーに出席できましたし、とても良いクリスマスの思い出ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*