ラルフローレンのベビー服という選択肢

ベビー服の種類は、結構たくさんあって、選ぶのが大変。ブランドのラルフローレンのしっかりした商品を選ぶという事は大事な選択肢かもしれません。まず肌着は、新生児から首が座るまでは、ひもで結ぶタイプのものを選び、季節によって短肌着にしたりと調節が必要です。首が座れば、かぶりのもので大丈夫になってきます。これが、初めての出産になると、なかなかどれを選んだらいいのか種類が多くて分からない…。そしてサイズも分からない…。という経験を私もしました。五月くらいに産まれた赤ちゃんには、新生児用の長袖の肌着ではなく、60センチの半そでの肌着でいいかもと今となっては思います。新生児は約50センチがぴったりなのですが、60センチの半そでにしておくと、大きくてうまい具合に長袖になったりします。

で、だんだん大きくなるころには、半そでで着せられるというわけです。こんなこと誰も教えてくれなかったので、分からなかったし、初めてなので、何がわからないかもわからない状態だったので、結構口コミをインターネットで調べて購入していました。あとは、子どもの大きさを見て、普段着のベビー服を揃えていけばいいかなと思います。お祝いで80センチくらいのお洋服をいただくことも多いので。80センチは、お子さんの大きさによっても違うと思いますが、うちの娘の場合は、1歳6カ月くらいがジャストで、3歳くらいまできていました。なので1歳くらいからは袖を曲げて着ることもできますので、長そでTシャツは年間を通して着る機会が多いので、洗濯に耐えるちょっといいものを購入することをお勧めします。

そして、80センチをギリギリまで着せて、ちょっと大きめの100センチで2年ほど着てもらうと、お家もきれいに片付きますし、コストパフォーマンスもいいかなと思います。本当に子どもってあっという間に大きくなるし、すぐに着られなくなってしまいます。適当にまあいっかで購入すると、値札がついたままサイズアウトになってしまうことも多々ありました。少ない枚数でも夏場なんかだとすぐに乾くので、いいかもしれないとやっと気付いた私です。話がちょっとそれてしまいましたが、私が今出した結論は、焦って購入しない。今は、パソコンがあれば、難でも購入できる時代です。いつでも買いたせます。でもある程度、質感とか知りたいので、ブランド下見をするといいかも。足りないなという枚数でも、なんとかやっていけます。少ないと、整理するのも楽だし、これ高かったのに、1回しか着なかったがなくなります。

かわいいプレゼントで送る側も貰う側もハッピーになりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*